FC2ブログ

fumiko先生のキモノ手帖

ゆかしい「きもの」を軸にして、季節の行事と日本のしきたり、お茶、日本舞踊、能などについて、日々の発見や思いをつづります。     小さな「きもの教室」(難波市民学習センター)の、過去・現在・未来の生徒さんたちへの通信も兼ねて。
2018/12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

 お茶の聖地 栂尾山「高山寺」  

2016/10/08
こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

fumikoです。
★スマホでご訪問の方は、PC版もご覧ください。プロフィールを掲載しています。

昨日は、京都「勝山織物」の周山工房と、栂尾山「高山寺」(とがのおさんこうざんじ)に行きました。
よろしければ昨日の記事もご覧ください。

■「勝山織物」周山工房
湿気の多い周山はコケの産地でもあるとのこと。
湿気が織物の工房に適しているんですね。

工房では、ジャガードで紋紙(もんがみ=パンチカード)を使いますが、すべて手織りです。
ジャガードは1872(明治5)年、京都府が西陣機業関係者をリヨンに送って学ばせ、帰国時に織機を持ち帰らせた(Wikipedia)とのこと。
それまでは、「空引き(そらびき)」といって、織機の上に人が乗って、縦糸の操作をしていたんですって。

ふうー、大変だったのねー。

今も、空引きでないだけで、すべてが大変な技術を要する作業です。
「織るのが大好き」という職人さんの手はすべすべでした(絹効果!)。


美しい「かつやま」の帯に夢中になったあと、ランチをいただき、栂尾山「高山寺」へ。

■栂尾山「高山寺」
「高山寺」は周山から車で約15分くらいだったでしょうか。
まさしく山の中のお寺でした。

京都市の北西に位置し、市内の喧噪を離れて静かにたたずむ世界遺産・高山寺。
ここはかつて仏教に関する最先端の情報やモノが集まる活気あふれる場所でした。
それを牽引したのが、鎌倉時代はじめに高山寺を中興した明恵上人(みょうえしょうにん)です。
釈迦を父と慕うあまり、その出生地であるインド行きを切望するなど、仏道修行にかけた彼のひたむきな生き方は在世時から現代に至るまで多くの人を魅了し続けています。(特別展「京都高山寺と明恵上人鳥獣戯画」於:九州国立博物館 チラシより抜粋)

明恵さん、インドに行きたかったんだー。

そして、高山寺と言えば「鳥獣戯画」が有名です。
「かつやま」にも鳥獣戯画柄の斜々子織袋帯がありました。
とにかく風合いが格別で、参加者の多くがメロメロ。


また、「栂尾」は上等のお茶の代名詞にもなっていますね。

良質の茶は、鎌倉時代のはじめに、栄西禅師(えいさいぜんし)によって中国の宋から日本に伝えられました。(茶は奈良時代には遣唐使らによってもたらされていたようです) 
栄西は宋から持ち帰った茶の実を京都栂尾の高山寺の明恵上人に贈ったと伝えられています。 
栂尾の土が茶の栽培に適していたことから上質な茶がとれるようになりました。
やがて、栂尾で採れる上質な茶を「本茶(ほんちゃ)」、その他の土地で採れる茶を「非茶(ひちゃ)」と区別するようになり、鎌倉時代を通じて栂尾の茶はその地位を保ち続けることになります。(3級・4級「茶道文化検定」公式テキストより抜粋)

20161008 日本最古の茶園
「日本最古之茶園」石碑:高山寺

栄西さん(1141~1215)は、明恵さん(1173~1232)を跡継ぎにほしかったけど、明恵さんはとにかくお釈迦様大好きだったから、断ったんですって。


イカシテマス。







▽コメント

楽しく読ませていただきました

おひさしぶりです。ご活躍ぶりを楽しく拝読いたしました。
読み手に語りかけるように書かれており、先生のお声が聞こえてくるようでした。
また拝読いたします。ありがとうございました。

平野様、コメントありがとうございました。
お恥ずかしいことです。
ブログはまだまだ手探り状態です。
今後ともご教示いただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


fumiko

Author:fumiko
1954年生まれ
大分県別府市出身
大阪市在住

【きもの教室(お抹茶つき)】
●開催日:月1回 Aクラス=火or木曜日 Bクラス=木曜日or金曜日 
●時間:18:45~21:00
●場所:大阪OCAT4階「大阪市立難波市民学習センター」和室
●内容:外出着の着装・お抹茶のいただき方 
●お問合せ:コメント欄をご利用ください。
※いつからでも始められます。始めた月から12ヶ月以上続けることをお薦めします。

【資格】
●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会会員(1級きものコンサルタント) 
●表千家茶道講師
●中高教員免許(国語)

【趣味】
●きもの:2010年に装道礼法きもの学院大阪校入学。現在は礼法科に在籍。
●茶道:中2から始め、今も稽古に通っています。
●日本舞踊:若い頃に10年ほど稽古し、2013年再開。
●能鑑賞:2016年から積極的に見始めました。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ


コーディネート (419)
季節の行事と日本のしきたり (120)
研修・見学 (103)
能楽つれづれ (30)
他装あれこれ (15)
自装ポイント (8)
お知らせ (11)
教室だより (35)
未分類 (5)


検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR