FC2ブログ

fumiko先生のキモノ手帖

ゆかしい「きもの」を軸にして、季節の行事と日本のしきたり、お茶、日本舞踊、能などについて、日々の発見や思いをつづります。     小さな「きもの教室」(難波市民学習センター)の、過去・現在・未来の生徒さんたちへの通信も兼ねて。
2018/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

 日本舞踊の夏季講習会 

2018/07/30

こんにちは。

fumikoです。




昨日は、日本舞踊の夏季講習会でした。


講習の課題曲は、地唄「明治松竹梅」という曲です。

20180730 1 


いただいた案内状によると、

本年は明治維新より150年にあたっていますので、このたび、ご宗家が新しく振り付けされました。

明治天皇・昭憲皇太后・大正天皇・貞明皇后の新年の御詠から、松・竹・梅を詠んだ歌を歌詞として選び、

箏の高低二重奏として菊塚検校によって作曲されました。

「オルゴール調子」と呼ばれる特殊な調絃法を取り入れるなど、新しい方法を試みた曲。

名曲として知られる「松竹梅」の明治版といえましょう。

とあります。


当日の家元の話では、明治35年に作られたとか。

大正天皇が皇太子だった頃ですね。



課題曲は、ご覧のように「梅」の部分です。

全曲は、「松・竹・手事・梅」の4部構成らしいです。

これだと、多分20分くらいの曲でしょう。



国立文楽劇場から、明治150年にちなんだ舞を舞って欲しい、という要請があったとのこと。

10月の「舞の会」(東西名流舞踊鑑賞会)では、全曲を見せていただけそうです。




ちなみに、皆さんは明治維新から150年って、意識していましたか?

私は、恥ずかしながら、「へー」でした。


よく見たら、これにも角書きに「明治維新150年」がありました。

20180730 2

7月28日(土)~9月17日(月・祝)、

大阪歴史博物館です。


ここのレストランは美味しい、と聞いたことがあります。


是非、行かなくっちゃ!






▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


fumiko

Author:fumiko
1954年生まれ
大分県別府市出身
大阪市在住

【きもの教室(お抹茶つき)】
●開催日:月1回 Aクラス=火or木曜日 Bクラス=木曜日or金曜日 
●時間:18:45~21:00
●場所:大阪OCAT4階「大阪市立難波市民学習センター」和室
●内容:外出着の着装・お抹茶のいただき方 
●お問合せ:コメント欄をご利用ください。
※いつからでも始められます。始めた月から12ヶ月以上続けることをお薦めします。

【資格】
●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会会員(1級きものコンサルタント) 
●表千家茶道講師
●中高教員免許(国語)

【趣味】
●きもの:2010年に装道礼法きもの学院大阪校入学。現在は礼法科に在籍。
●茶道:中2から始め、今も稽古に通っています。
●日本舞踊:若い頃に10年ほど稽古し、2013年再開。
●能鑑賞:2016年から積極的に見始めました。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ


コーディネート (368)
季節の行事と日本のしきたり (119)
研修・見学 (99)
能楽つれづれ (30)
他装あれこれ (14)
自装ポイント (8)
お知らせ (11)
教室だより (26)
未分類 (4)


検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR