FC2ブログ

fumiko先生のキモノ手帖

ゆかしい「きもの」を軸にして、季節の行事と日本のしきたり、お茶、日本舞踊、能などについて、日々の発見や思いをつづります。     小さな「きもの教室」(難波市民学習センター)の、過去・現在・未来の生徒さんたちへの通信も兼ねて。
2018/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

 明日の楽屋着は、20年以上前の揃い浴衣です 

2018/05/25
こんにちは。
fumikoです。



いよいよ「舞の会」が明日になってしまいました。
応援コメントもいただいて、ありがとうございます。
百人力です!



本日は朝から、持ち物の最終点検をしました。
備忘録として主なものを写真に撮りましたので、ちょっとご紹介しますね。
皆様には何の参考にもならないでしょうが・・・


まずは、楽屋での浴衣と半幅帯。
ほとんど伊達締めで動くので、半幅帯は締めないかも知れません。
20180525 5
もう20年以上前の浴衣。
当時の山村楽正門下の揃いの浴衣です。
帯の上あたりに「楽」の文字が見えますか?
明日の「舞の会」は山村楽正没後10年追善の会なので、押し入れの奥からこれを引っ張り出してきました。


恥ずかしながら、本番の下着一式。
20180525 3
足袋の上にある白いものは、膝下の白ストッキング。
足袋の下にある濃い色のものは、本番直前まで履く足袋カバーです。
濃い色だと絶対に脱ぎ忘れません。
紐は5本、伊達締めは2本。

これ以外の衣裳とかつらはすべて借り物です。



本番が終わると舞台化粧を落とします。
客席にまわって、お師さんや家元の舞を見たいので、簡単な化粧道具と髪のセット用品。
20180525 4
化粧水の前の白いものは、石けん。
化粧の前に顔の脂分を完全に落とすためのものです。

 
写真は撮りませんでしたが、本番用の扇子も荷物に入れました。
小道具の鼓はお師さんの私物ですが、小道具屋さんが預かってくれました。

音楽確認用のボイスレコーダー、
涼を取るための扇子、
飲み物とストロー、
なども入れました。



後は、何にでも役に立つ風呂敷を2枚。
20180525 2
浴衣に着替えた後の自分のきもの一式とか、
衣裳に着替えた後の浴衣一式とかをまとめておきます。





明日のチラシです。
20180525 1

このときの楽正師はすでに60歳前後とのこと。
何とお美しい!

明日はこの衣裳をどなたかがお召しになります。
来てくださる方、
どうか楽しみにしてくださいませ-!!





▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


fumiko

Author:fumiko
1954年生まれ
大分県別府市出身
大阪市在住

【きもの教室(お抹茶つき)】
●開催日:月1回 Aクラス=火or木曜日 Bクラス=木曜日or金曜日 
●時間:18:45~21:00
●場所:大阪OCAT4階「大阪市立難波市民学習センター」和室
●内容:外出着の着装・お抹茶のいただき方 
●お問合せ:コメント欄をご利用ください。
※いつからでも始められます。始めた月から12ヶ月以上続けることをお薦めします。

【資格】
●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会会員(1級きものコンサルタント) 
●表千家茶道講師
●中高教員免許(国語)

【趣味】
●きもの:2010年に装道礼法きもの学院大阪校入学。現在は礼法科に在籍。
●茶道:中2から始め、今も稽古に通っています。
●日本舞踊:若い頃に10年ほど稽古し、2013年再開。
●能鑑賞:2016年から積極的に見始めました。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ


コーディネート (395)
季節の行事と日本のしきたり (120)
研修・見学 (102)
能楽つれづれ (30)
他装あれこれ (15)
自装ポイント (8)
お知らせ (11)
教室だより (30)
未分類 (6)


検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR