FC2ブログ

fumiko先生のキモノ手帖

ゆかしい「きもの」を軸にして、季節の行事と日本のしきたり、お茶、日本舞踊、能などについて、日々の発見や思いをつづります。     小さな「きもの教室」(難波市民学習センター)の、過去・現在・未来の生徒さんたちへの通信も兼ねて。
2018/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

 白茶地蛍ぼかし小紋・白地双鳥文名古屋帯で、お茶の月例研究会へ 

2018/03/04
こんにちは。
fumikoです。



本日は、お茶の月例研究会でした。

本日の科目は、
初炭(盆香合)、
御茶湯、
唐物(早)、
茶カブキ。

私は、初炭(盆香合)の亭主を勉強させていただきました。

「盆香合」は、名物とか由緒ある「香合」を盆にのせてあつかう炭点前。
自分の記録によると、前回私が「盆香合」の亭主を務めたのは2013年3月でした。

昨晩は、何となくの記憶と「習事八箇条」という解説本で、必死のイメージトレーニング。
(残念ながら自宅に道具はありません・・・)

おかげ様で本日は、途中で止まったりヘンな事をしたときはご指導いただきながら、なんとか粗相なく亭主を務めることができました。

それにしても「炭」はたいへんです。
作法も大事ですが、なにより炭がちゃんと熾ってくれないことには美味しいお茶が点てられません。
責任重大。

私の稽古の後、お釜の湯がシュンシュンと沸いてきて、ホッと一安心でした。


本日のコーディネートです。
●着物は、白茶縮緬地蛍ぼかし小紋。
20180304 4
1月27日、20日、11月19日、13日と同じです。

小紋ですが、八掛は同色に別染めしました。

生地が縮緬なので、どちらかというと冬向きですが、
色に濁りがないので、私は4月頃まで着ることがあります。

2014年購入。

●帯は、白地斜子織菱双鳥文名古屋帯。
20180304 2
2月24日と同じです。

本日は亭主を務めるので、気軽ではない帯にしました。

2013年購入。

●帯揚げは、薄ピンク地にグレーの飛び絞り紋縮緬。
20171018 3

20180304 1

●帯締めは、薄水色桜柄平打ち。
向かって右に「桜柄」がありますが、写真ではあまり解りません。
実際に見ても、気づかないかも知れない程度です。
向かって左は無地です。


私としては、3月の帯締めです。




本日の床には、表千家15代家元・猶有斎宗左宗匠の扇がありました。
先月2月28日に家元を継承されたばかりです。
その日の記念品とのことでした。

2月28日は千利休の命日です。
新家元も、元家元而妙斎宗匠も、その思いいかばかりと推察いたしました。

表千家のお茶を続けている一人として、
心から御祝い申し上げるとともに、
茶道界のみならず日本文化の深化と発展のために、
ますますのご健闘・ご活躍をお祈り申し上げます。





▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


fumiko

Author:fumiko
1954年生まれ
大分県別府市出身
大阪市在住

【きもの教室(お抹茶つき)】
●開催日:月1回 Aクラス=火or木曜日 Bクラス=木曜日or金曜日 
●時間:18:45~21:00
●場所:大阪OCAT4階「大阪市立難波市民学習センター」和室
●内容:外出着の着装・お抹茶のいただき方 
●お問合せ:コメント欄をご利用ください。
※いつからでも始められます。始めた月から12ヶ月以上続けることをお薦めします。

【資格】
●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会会員(1級きものコンサルタント) 
●表千家茶道講師
●中高教員免許(国語)

【趣味】
●きもの:2010年に装道礼法きもの学院大阪校入学。現在は礼法科に在籍。
●茶道:中2から始め、今も稽古に通っています。
●日本舞踊:若い頃に10年ほど稽古し、2013年再開。
●能鑑賞:2016年から積極的に見始めました。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ


コーディネート (368)
季節の行事と日本のしきたり (119)
研修・見学 (99)
能楽つれづれ (30)
他装あれこれ (14)
自装ポイント (8)
お知らせ (11)
教室だより (26)
未分類 (4)


検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR