FC2ブログ

fumiko先生のキモノ手帖

ゆかしい「きもの」を軸にして、季節の行事と日本のしきたり、お茶、日本舞踊、能などについて、日々の発見や思いをつづります。     小さな「きもの教室」(難波市民学習センター)の、過去・現在・未来の生徒さんたちへの通信も兼ねて。
2018/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

 3月3日「上巳(じょうし)」 

2018/02/27
こんにちは。
fumikoです。


少し先ですが、来る3月3日は、「ひな祭り」=「五節句」のうちの「上巳(じょうし)」です。

ちなみに、「五節句」は、
1月7日:人日
3月3日:上巳
5月5日:端午
7月7日:七夕
9月9日:重陽
ですね、念のため。

本日は、「上巳」についてです。
■歴史
古代中国では、3月最初の巳(み)の日(上巳)を忌日(きじつ)として、川や海で禊(みそぎ)をして厄払いする習慣がありました。

浄化儀礼です。

これが日本にも伝わり、
やがて平安時代の中頃になると、直接水に入らず紙で作った人形(ひとがた)で体をなで、身の穢れや災いを人形に移し、それを川や海に流すようになりました。

「流しびな」ですね。

ちょうど、紙の男女の人形を使った「ひいな遊び」と呼ばれるままごと遊びが流行していました。
ひな祭りは、「上巳の節句」と、「ひいな遊び」が結びついたものといわれています。


■ひな飾り
最初は流しびなやひいな遊びであったものが、現在のように人形を飾るようになったのは、江戸時代の初期頃といわれています。
人形は、当初は親王びな(内裏びな)男女一対でしたが、
次第に二段、三段、五段、七段とひな段の数が増え、
人形はより精巧になりました。


20170301.jpg
上は、昨年の某百貨店のパンフレットからお借りした写真です。

写真は京式なので、左上位の考え方から、男雛が向かって右側に置かれています。

現在の主流は東京式で、男雛が向かって左です。

二段目に三人官女。
儀式の後に行われる式三献(しきさんこん)の給仕役で、
向かって右から、長柄の銚子、三方(盃)、加えの銚子の順に並べます。

三段目には五人囃子。
向かって右から、謡(うたい)、笛、鼓、大鼓(おおかわ)、太鼓の順に並べます。

能のお囃子と一緒です。
口に近い順に、向かって右から並んでいるんですよ。
20180227 1
この写真は、2018/02/18「能のお囃子ライブとてんま天神梅まつり」のときのもの。
この日は謡はなく、お囃子は毛氈を敷いて斜めに座っています。
一般的な能の公演では、謡は舞台上手の地謡座に、囃子方は舞台後方の後座とか横板といわれる場所に座ります。

四段目は貴人を警護する随身(ずいしん)。
向かって右に左大臣(老人)、左に右大臣(若人)を並べます。
それぞれの右手には、羽が下を向くようにして矢を持たせます。

親王びなから見て左右です。
京都市の左京区・右京区も同じ考え方ですね。

左上位ですから、左大臣の方が上位=年長者、ということです。

五段目は、貴人の行列のお供などをする従者仕丁(しちょう)(衛士)たちです。
東京式では、向かって右から立ち傘を持った「笑い上戸」、沓台を持った「泣き上戸」、台傘を持った「怒り上戸」が並びます。
京式では、持ち物がほうき、ちりとり、熊手に変わります。

上の写真は京式ですから、よく見ると、確かにほうき・ちりとり・熊手を持っていますよ。

六段目・七段目には道具を並べます。
六段目には、向かって右から茶の湯の道具、火鉢、針箱、鏡台、長持ちと挟み箱、箪笥を並べます。
七段目には、向かって右から御所車、重箱、御駕籠の順。
全部で九つの道具を並べます。
(全日本マナー検定協会マナー検定テキスト「センスアップマナー3」を参考にしました)

六段目は屋敷の中のもの、七段目は外遊び用、ということかしら。
それぞれの縮尺が無茶苦茶で、幼児の描いた絵のようで面白い。



もともと「ひな祭」は、こども達にふりかかる災いを人形が身につけて厄払いをしてくれることから始まった行事。

現在の豪華なひな人形を川に流すことはありませんが、長く飾らずに早めにしまうという言い伝えも、そんな意味があったんですね。




▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


fumiko

Author:fumiko
1954年生まれ
大分県別府市出身
大阪市在住

【きもの教室(お抹茶つき)】
●開催日:月1回 Aクラス=火or木曜日 Bクラス=木曜日or金曜日 
●時間:18:45~21:00
●場所:大阪OCAT4階「大阪市立難波市民学習センター」和室
●内容:外出着の着装・お抹茶のいただき方 
●お問合せ:コメント欄をご利用ください。
※いつからでも始められます。始めた月から12ヶ月以上続けることをお薦めします。

【資格】
●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会会員(1級きものコンサルタント) 
●表千家茶道講師
●中高教員免許(国語)

【趣味】
●きもの:2010年に装道礼法きもの学院大阪校入学。現在は礼法科に在籍。
●茶道:中2から始め、今も稽古に通っています。
●日本舞踊:若い頃に10年ほど稽古し、2013年再開。
●能鑑賞:2016年から積極的に見始めました。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ


コーディネート (395)
季節の行事と日本のしきたり (120)
研修・見学 (102)
能楽つれづれ (30)
他装あれこれ (15)
自装ポイント (8)
お知らせ (11)
教室だより (30)
未分類 (6)


検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR