FC2ブログ

fumiko先生のキモノ手帖

ゆかしい「きもの」を軸にして、季節の行事と日本のしきたり、お茶、日本舞踊、能などについて、日々の発見や思いをつづります。     小さな「きもの教室」(難波市民学習センター)の、過去・現在・未来の生徒さんたちへの通信も兼ねて。
2018/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

 お召し・シャルウィーダンス名古屋帯で、大阪天満宮「勧進御能」へ 

2018/02/25
こんにちは。
fumikoです。



本日は、日本舞踊の稽古でした。

その後、大阪天満宮に行きました。
第10回大阪天満宮梅まつり「勧進御能」です。
表大門前の「朝陽会館」当主が本殿で能を奉納する、梅まつりの夜間イベントです。

稽古の後はいつもぐったりですが、このイベントは外せません。


本日のコーディネートです。
●着物は、濃いピンク地にグレーの小格子風通お召し。
12月23日と同じです。
20180225 2
京都「矢代仁(やしろに)」という機屋さんだったと思います。

「お召し」というのは、先練り・先染めの織物。
経糸・緯糸ともに撚りをかけてのり付けして織り上げたあと、
湯につけると撚りが戻ります。
そうしてできるシボが特徴です。

「風通」とは、表と裏に異なった色糸を使い、表と裏の模様が反対の配色になる二重組織で織ったもののことです。

先染めですから、フォーマルには向きません。
かと言って、紬ほどカジュアルではありません。

適度なシャリ感があって、スッキリしたラインが出るのが特長です。
2005年購入。

●帯は、京都西陣「まいづる帯」白地名古屋帯。
「シャルウィーダンス」です!
2月16日と同じ。
20180225 3
 
日本舞踊のお師さんに「可愛い帯やね」と言ってもらいました。
やったー!

日本舞踊の稽古用に購入した帯ですから。 

●帯揚げは、白地赤リンゴと黒ドット柄縮緬。
20171022 8
1月11日、1月19日と同じです。
本日は、黒のドットが少し見える程度です。

●帯締めは、黒に赤のラインの真田紐に緑と黒のガラスの帯留め。
いよいよガラスの登場です。
春ですよ!
20180225 1





「勧進御能」の奉納前、午後5時45分に天満宮の御神職が「朝陽会館」にお迎えに来ました。
20180225 5


神職が行列を先導します。
大注連縄のライトアップが綺麗です。
20180225 4


「翁」の装束をつけたシテと紋服の出演者が表大門下に整列して、「御門之謡(ごもんのうたい)」の儀。
20180225 6


この行列の後に、私たちも参集殿から本殿に向かい、勧進御能を拝見しました。

番組は、
神楽式「翁」、
狂言「鬼瓦」、
能「経正」。

本殿での「翁」はおごそかで、
「経正」はまさに貴公子でした。

内容は後日、記事にしたいと思います。

能熱はまだまだ続きそうです。





▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


fumiko

Author:fumiko
1954年生まれ
大分県別府市出身
大阪市在住

【きもの教室(お抹茶つき)】
●開催日:月1回 Aクラス=火or木曜日 Bクラス=木曜日or金曜日 
●時間:18:45~21:00
●場所:大阪OCAT4階「大阪市立難波市民学習センター」和室
●内容:外出着の着装・お抹茶のいただき方 
●お問合せ:コメント欄をご利用ください。
※いつからでも始められます。始めた月から12ヶ月以上続けることをお薦めします。

【資格】
●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会会員(1級きものコンサルタント) 
●表千家茶道講師
●中高教員免許(国語)

【趣味】
●きもの:2010年に装道礼法きもの学院大阪校入学。現在は礼法科に在籍。
●茶道:中2から始め、今も稽古に通っています。
●日本舞踊:若い頃に10年ほど稽古し、2013年再開。
●能鑑賞:2016年から積極的に見始めました。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ


コーディネート (395)
季節の行事と日本のしきたり (120)
研修・見学 (102)
能楽つれづれ (30)
他装あれこれ (15)
自装ポイント (8)
お知らせ (11)
教室だより (30)
未分類 (6)


検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR