FC2ブログ

fumiko先生のキモノ手帖

ゆかしい「きもの」を軸にして、季節の行事と日本のしきたり、お茶、日本舞踊、能などについて、日々の発見や思いをつづります。     小さな「きもの教室」(難波市民学習センター)の、過去・現在・未来の生徒さんたちへの通信も兼ねて。
2018/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

 教室だより2018/02/01 

2018/02/01
こんにちは。
fumikoです。



本日は、大阪市弁天町オーク200和室にて「きもの教室」でした。

1月~3月全5回の2回目。
本日のメインは着物でした。

手順はプリントをお渡ししました。

本当に大事なことは、「身体全体を使って着る」ことです。
たとえば、
・着物は後ろ手に持って、背中を這わせるように、ゆっくりに羽織る。
・右手で襟先を前に押し出したとき、お尻周りに着物がピターッと張り付くのを感じること。
・右手(下前)、左手(上前)を合わせるときは、手先だけでなく肘(ひじ)から腕をしなるように使って押さえる。
・腰紐は後ろ(腰)でジワーーッとしっかり締める。(腰紐は着装の要です。)
・背縫いが背中の中心にあるか、指と背中で確認する。


いつも思うのですが、
こうして自分の感覚をフル動員することが、ハッピーに繋がる気がします。
洋服では得られません。
自分の内部に意識を向けて気を配ると、何かが体内を巡り、幸せホルモン大放出!


Hさん、Fさん、お疲れ様でした。
最後まで自力で着ることができましたね。
お二人からもハッピーオーラがあふれていましたよ!
20180201 1


お稽古のあとは、お茶の時間です。

お茶は、大阪池田市「三丘園」の「雲井の白」、
お菓子は、島根県松江市「桂月堂」の「出雲三昧」。
20180126 1
(2018/01/26の写真です) 

「出雲三昧」は、落雁と羊羹と求肥の三段重ね。
この甘味が、お茶を引き立てます。

着物でお茶をいただくと、作法も自然です。
手をついてお辞儀をしたら、袂(たもと)が美しいー。


床には、こんな花を入れました。
スーパーの花は、すでに春です!
20180201 2
●木いちごの枝
●菜の花


こんな場所と機会があることに感謝しています。

次回も頑張りましょう!




▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


fumiko

Author:fumiko
1954年生まれ
大分県別府市出身
大阪市在住

【きもの教室(お抹茶つき)】
●開催日:月1回 Aクラス=火or木曜日 Bクラス=木曜日or金曜日 
●時間:18:45~21:00
●場所:大阪OCAT4階「大阪市立難波市民学習センター」和室
●内容:外出着の着装・お抹茶のいただき方 
●お問合せ:コメント欄をご利用ください。
※いつからでも始められます。始めた月から12ヶ月以上続けることをお薦めします。

【資格】
●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会会員(1級きものコンサルタント) 
●表千家茶道講師
●中高教員免許(国語)

【趣味】
●きもの:2010年に装道礼法きもの学院大阪校入学。現在は礼法科に在籍。
●茶道:中2から始め、今も稽古に通っています。
●日本舞踊:若い頃に10年ほど稽古し、2013年再開。
●能鑑賞:2016年から積極的に見始めました。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ


コーディネート (395)
季節の行事と日本のしきたり (120)
研修・見学 (102)
能楽つれづれ (30)
他装あれこれ (15)
自装ポイント (8)
お知らせ (11)
教室だより (30)
未分類 (6)


検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR