fumiko先生のキモノ手帖

ゆかしい「きもの」を軸にして、季節の行事と日本のしきたり、お茶、日本舞踊、能などについて、日々の発見や思いをつづります。     小さな「きもの教室」(難波市民学習センター)の、過去・現在・未来の生徒さんたちへの通信も兼ねて。
2018/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

 「十日戎(とおかえびす)」 

2018/01/10

こんにちは。

fumikoです。


今、大阪は「十日戎」の真っ最中です。


「十日戎」は、「今宮戎神社」(大阪市)や「西宮神社」(兵庫県西宮市)などで行われる商売繁盛を願う行事。


この二つの神社が超有名ですが、その他にも関西にはたくさんあるんですよ。


私が知っているのは、京都ゑびす神社、堀川戎神社(大阪市)、茨木神社(大阪府茨木市)や呉服神社(大阪府池田市)など。

調べていませんが、多分、他にもあると思います。


さて、「今宮戎神社」の「十日戎」は、

1月9日~11の3日間行われていて、

9日が「宵戎(よいえびす)」

10日が「大祭」(「本戎(ほんえびす)」)

11日が「後祭」(「残り福」)。


「商売繁盛で笹持って来い」の掛け声もよく知られていますね。

笹に、福娘から飾り物(吉兆)をつけてもらって、持って帰ります。


本日10日には、「宝恵駕籠(ほえかご)」という行列が出ます。


「宝恵駕籠」とは、もともと、大阪南の芸妓連中がお供を引き連れて駕籠に乗って「今宮戎神社」の「十日戎」に参詣に行く行列です。


現在は、南の芸妓さん、松竹座に出演中の役者さん、上方舞山村流家元、話題となった芸能人、吉本興業の芸人さんなどの、約520名の行列です。


本日、私はTVのニュースで見ました。

松竹座に出演中の中村壱太郎丈や宮川大助・花子さん、赤井英和さんなどが画面に映りましたよ。


その他に、文楽から、今月襲名した竹本織太夫さんと、4月に吉田玉助を襲名予定の吉田幸助さんも参加したはずです。


↓昨日1月9日に国立文楽劇場に行ったら、1階のロビーにありました。

20180109 7
「この蓮台に乗り込み参加いたします」とあります。

難波の戎橋から今宮戎までの往復。
午前10時頃から午後2時半頃までだったようです。

みなさま、お疲れ様でした。





▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


fumiko

Author:fumiko
1954年生まれ
大分県別府市出身
大阪市在住

【きもの教室(お抹茶つき)】
●とき:月1回 火or木曜日 18:45~21:00
●場所:大阪OCAT4階「大阪市立難波市民学習センター」和室
●内容:外出着の着装・お抹茶のいただき方 
●お問合せ:コメント欄をご利用ください。

【資格】
●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会会員(1級きものコンサルタント) 
●表千家茶道講師
●中高教員免許(国語)

【趣味】
●きもの:2010年に装道礼法きもの学院大阪校入学。現在は礼法科に在籍。
●茶道:中2から始め、今も稽古に通っています。
●日本舞踊:若い頃に10年ほど稽古し、2013年再開。
●能鑑賞:2016年から積極的に見始めました。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ


コーディネート (320)
季節の行事と日本のしきたり (116)
研修・見学 (91)
能楽つれづれ (30)
他装あれこれ (13)
自装ポイント (7)
お知らせ (9)
教室だより (20)
未分類 (4)


検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR