FC2ブログ

fumiko先生のキモノ手帖

ゆかしい「きもの」を軸にして、季節の行事と日本のしきたり、お茶、日本舞踊、能などについて、日々の発見や思いをつづります。     小さな「きもの教室」(難波市民学習センター)の、過去・現在・未来の生徒さんたちへの通信も兼ねて。
2018/12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

 夏の草履 

2016/09/01
こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。

fumikoです。
★スマホでご訪問の方は、PC版もご覧ください。プロフィールを掲載しています。

本日は、草履のお話。

○私にとって、基本の一足はこれ。
20160901 灰色草履

京都「伊と忠」の灰色エナメル台白パール鼻緒濃い赤前坪。

古典風味の小紋や付下げを愛する私の基本です。
帯揚げを、白に濃い赤の飛び絞りにするときは、だいたいこれ。
台(足裏が接する部分)はエナメルが滑りにくく、足が疲れません。
「伊と忠」さんは、何年か前までは鼻緒もエナメルだったのですが、近年はパール(エナメルより艶が穏やか)の鼻緒が主流らしい。
前坪(足指で挟む部分)の濃い赤がポイント。
これが、帯揚げの赤と呼応して、はんなりします。


○6月~7月の雨もよいの日に活躍したのがこのタイプ。
20160901 銀ねず雨草履

銀座「ぜん屋」の銀ねずパール台鼻緒藤色前坪。

前坪の色がほんのりしているので、どんな着物にもマッチします。
なぜ、雨もよいの日に、かと言うと、
20160901 銀ねず雨草履裏
裏をゴムで覆っているからです。

雨の日に普通の草履で歩くと、足袋に水が浸みてきて、足袋がとんでもないことになります。
ブラシでゴシゴシしても、なかなか黒ずみがとれません・・・

でも、これなら大丈夫。
少しだけ重いけれど、なんと言っても浸みて来ないのがいい。

甲に透明のカバーのついた雨草履も持っていますが、何だか大げさであまり履きません。


○雨の少なかった8月に活躍したのが、これ。
20160901 パナマ草履
銀座「ぜん屋」のパナマ台白鼻緒

盛夏の草履です。
おしゃれ用ですので、夏紬や、シャンブレーシャツにチノパン(8月2日)的な小紋に合わせます。
この草履には、持ち手が茶色のロンシャンのナイロンバッグなども軽快で似合います。


○もう一つの、特別な草履がこれ。
20160901 紺帆布草履

京都「南出商店」の群青色帆布台白地布鼻緒。

高反発の台です。
この履きやすさは、すごい!
旅行や美術館巡りは、これに限ります。
歩き心地はスニーカーに匹敵します。

鼻緒に少ーしだけ金が入っているので、軽い付下げぐらいならオーケー。
私は、紬・小紋にあわせます。



足元、見られてますよー。






▽コメント

沢山お持ちなんですね❗️伊と忠さんの草履、前坪のほんのわずかな紅が足元に華やぎを添えますね〜。
ぜん屋さんの細身のフォルムもきりりとして素敵です✨

お洒落は足元からといいますし、私もこれからは上質な小物を揃えていきたいです😊

浜千鳥さん、コメントありがとうございました😆💕✨

これからも、ときどき、よろしくお願いいたしまーす❗

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


fumiko

Author:fumiko
1954年生まれ
大分県別府市出身
大阪市在住

【きもの教室(お抹茶つき)】
●開催日:月1回 Aクラス=火or木曜日 Bクラス=木曜日or金曜日 
●時間:18:45~21:00
●場所:大阪OCAT4階「大阪市立難波市民学習センター」和室
●内容:外出着の着装・お抹茶のいただき方 
●お問合せ:コメント欄をご利用ください。
※いつからでも始められます。始めた月から12ヶ月以上続けることをお薦めします。

【資格】
●公益社団法人全日本きものコンサルタント協会会員(1級きものコンサルタント) 
●表千家茶道講師
●中高教員免許(国語)

【趣味】
●きもの:2010年に装道礼法きもの学院大阪校入学。現在は礼法科に在籍。
●茶道:中2から始め、今も稽古に通っています。
●日本舞踊:若い頃に10年ほど稽古し、2013年再開。
●能鑑賞:2016年から積極的に見始めました。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ


コーディネート (419)
季節の行事と日本のしきたり (120)
研修・見学 (103)
能楽つれづれ (30)
他装あれこれ (15)
自装ポイント (8)
お知らせ (11)
教室だより (35)
未分類 (5)


検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


QRコード


QR